ADHD ASD DCD 学習障害 発達障害 自閉症 運動療法

小児の書籍紹介 パート2

投稿日:2018年8月11日 更新日:

これまで読んできた書籍の紹介をします。パート2です。パート1はコチラ

小児の書籍紹介

 

どれも素晴らしい書籍です。自信をもってご紹介します。

ぜひ読んでみてください。

Amazonで購入できます。クリックでアマゾンのサイトに飛びます。

 

育てにくい子にはわけがある

 

 

のうだま

 

 

海馬

 

 

大人の脳科学常識

 

 

脳科学を知ること

発達障害の原因は脳にある。徐々に研究が進んでおり、ネットニュースや学術書にも研究結果や脳科学の仕組みが記されています。特に大脳基底核や前頭葉が関連していることが示唆されています。その詳しいメカニズムを知って、日々の療育に活かしていくため、沢山の書籍を読んでいます。とても参考になる書籍ばかり、ぜひご一読ください。

 

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

-ADHD, ASD, DCD, 学習障害, 発達障害, 自閉症, 運動療法
-, , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

no image

小児の書籍紹介 パート3

これまで読んできた書籍の紹介をします。パート3です。   パート1はコチラ 小児の書籍紹介   パート2はコチラ 小児の書籍紹介 パート2     どれも素晴ら …

【発達障害】ご家庭で出来る!粗大運動を伸ばす遊び 〜トランポリン〜【運動療法】

ご家庭や公園等で出来るトレーニングをご紹介していきます。 今回はトランポリン。療育の現場でもよく使われているものです。沢山の良い効果があり、楽しく取り組める遊びです。   Contents1 …

no image

【発達障害】自閉スペクトラム症へのオキシトシンの効果【ネット記事】

https://www.amed.go.jp/news/release_20180629-02.html もう一つの主な症状である常同行動と限定的興味や、視線の計測で評価した対人コミュニケーションの障 …

【発達障害】 ADHD「注意欠陥多動性障害」とは【運動療法】

  主に子供のADHDについて解説していきます。 注意欠陥多動性障害と呼ばれていましたが、現在は注意欠如多動性障害に変わっています。   Contents1 ADHDとはどんな障害 …

【発達障害】筋緊張の低さ(低緊張)が動作に与える影響【運動療法】

私は発達障害の療育に関わっています。 療育では運動療法を担当しています。 発達障害の運動療法で「筋緊張」や「低緊張」など耳にすることが多いと思います。 今回は筋緊張と筋肉や神経の関連、よくある動作や改 …