【バッテリー交換】車のバッテリー交換は自分で出来る【DIY】

DIY
スポンサーリンク

前回記事に引き続き、バッテリー交換をご紹介します。

我が家の車はニッサンのラフェスタ。

 

スポンサーリンク

バッテリー型式

新車では55B24Lというバッテリーが使われていたそうです。

55というのが容量で、大きいほど性能が高いそう。調べたところ、カオスの80B24Lというのが高性能かつ長寿命とのことでした。早速アマゾンで注文。

前回記事のメモリーバックアップ用の電源も作ったことですし、バッテリー交換の手順を紹介していきます。

【自作品】バッテリー交換時に使うメモリーバックアップの自作【DIY】
前回の車検時にバッテリーがそろそろ限界かも…と言われてそろそろ9ヶ月。 寒さもあってか、エンジン始動時のセルモーターが弱々しい…。 いよいよバッテリー交換が必要ですね。 ちなみに日産ラフェスタという古い車です。 バッテリー交換に...

ちなみに所要時間は30分。慣れたらもう少し短縮できそうです。

 

ボンネットを開ける

ハンドル下のレバーを引っ張るとボンネットが開きます。

フロント側に移動して、ボンネット中央のレバーを横に倒しながらボンネットを完全に開きます。

 

エアダクトを取り外す

このピンを外すのに手間取りました。

周りに指を引っ掛けて無理やり引き上げても外れません。

真ん中のピンを引き上げてロックを外すと、すんなり外れてくれます。

あとのロックは見た目通りなので簡単に外せるでしょう。

 

バッテリーを固定しているステーを外す

ナットを緩めるだけです。ナットを落とさないように気をつけます。

 

メモリーバックアップ用の電源を接続

メモリーバックアップ用の9V電池自作品を鰐口クリップで端子に挟む。

バッテリーに端子をつなぐ時には順番があります。トラブルやケガになることもあります。正しい順番を守りましょう。

①プラス端子に繋ぐ

②マイナス端子に繋ぐ

この順番を守りましょう。

9V電池は邪魔にならない所で、エンジンルームに落ちないようにテープで固定しておきました。

 

端子を外す

バッテリー端子を外す

①マイナス(黒)画像右

②プラス(赤)画像左

この順番で端子を外します。

 

古いバッテリーを引き上げる

バッテリーは重たいです。手を滑らせないよう、気をつけてください。

 

新しいバッテリーを設置する

取っ手が付いていて運びやすいです。設置前に端子のキャップを外しておいた方がよさそうですね。画像ではキャップ付けたままでした。

設置したら取っ手は外しましょう。

 

バッテリーに端子を接続する

①プラス

②マイナス

先に固定用のステーを付けておくと良いでしょう。後からでも付けられますが少し厄介でした。

 

メモリーバックアップ用の電源を外す

外す時には

①マイナス

②プラス

この順番です。

 

エンジンをかけてみる

キーを回してみると…

キュルキュルキュルブオン!!と力強くセルが回る音!

弱ったバッテリーでは…

キュールキュールキュール…ブオン!

なんとかエンジンが掛かっている感じで不安がありましたが、これで解消されました。

 

最後に

トラブルなく無事にバッテリー交換ができました。自分で交換できて、少し節約できました。

 

そして最後のお約束ですが…

もしかしたら私のやり方で間違っている所があるかもしれません。

もしもこのやり方を参考にされる方がいたら、私は責任を負いません。全て自己責任でお願いします。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました