【発達障害】ADHD症状には運動が効果的??【運動療法】

発達障害
スポンサーリンク

ネットサーフィンで気になる記事を見つけました。2014年の記事です。以下に引用します。

 

スミス博士は「今回の研究は、ADHDの症状を抱える子どもにとって、座学よりも体を動かす方がはるかに症状の改善に効果的であること示しています」と述べています。

注意欠如・多動症(ADHD)の症状を和らげる良薬は「運動」であるという研究報告
注意不足や衝動的な行動をとるなどの特徴をもつ「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、原因について脳機能障害説や環境原因説など議論が分かれており、いまだ根本的な治療法が見つかっていません。しかし、ADHDの良薬は「運動」であるという研究結果が発表されています。

 

ハーバード大学のジョン・レイティ准教授は、ほんの軽い運動であってもADHDの症状を改善する効果がある原因について、「運動によって気分が高揚し認知能力が高まるのは脳内にテストステロンやドーパミンが放出されるからで、これは(ADHDの治療薬として投与されている)アデロールのような興奮剤と同様のメカニズムだと考えられます」と述べています。

注意欠如・多動症(ADHD)の症状を和らげる良薬は「運動」であるという研究報告
注意不足や衝動的な行動をとるなどの特徴をもつ「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、原因について脳機能障害説や環境原因説など議論が分かれており、いまだ根本的な治療法が見つかっていません。しかし、ADHDの良薬は「運動」であるという研究結果が発表されています。

 

これまで薬物投与が常識と考えられてきたADHDの治療法として、適度な「運動」が「最良の薬」となるのか、今後のさらなる研究に期待したいところです。

注意欠如・多動症(ADHD)の症状を和らげる良薬は「運動」であるという研究報告
注意不足や衝動的な行動をとるなどの特徴をもつ「注意欠陥・多動性障害(ADHD)」は、原因について脳機能障害説や環境原因説など議論が分かれており、いまだ根本的な治療法が見つかっていません。しかし、ADHDの良薬は「運動」であるという研究結果が発表されています。

 

スポンサーリンク

やっぱり運動には効果がある

テストステロンやドーパミンなどホルモンの関係があり、運動による効果が期待されます。

テストステロンは男性ホルモンで、テストステロンが少ないことで起こるLOH症候群(男性更年期障害)とADHDの症状が似ていることが言われています。テストステロンの分泌が増えるとドーパミンの分泌も増えるという報告があります。テストステロンは運動や筋トレ等で分泌されます。

ドーパミンは3大神経伝達物質の1つ。前頭葉の働きを高めてくれます。

アデロールとは米国等で使われるADHDの薬。覚せい剤と似た成分で、日本では許可されていない薬です。日本で所持していると逮捕されます。

興奮剤には神経伝達物質を増やしバランスをとる効果があります。注意力を高めたり、衝動性を抑制したり、ADHDに対しての効果があります。ナルコレプシーの発作を抑えることにも使われるそうです。

服薬には沢山の良い効果があります。しかし副作用がありますから、気軽に使えるものではありません。

 

まとめ

ADHDに限らず、ADHD様の症状に対しても効果が期待されます。

運動することによって服薬と同じ効果があるならば、運動するしかありませんよね?

薬物療法と運動療法を組み合わせると効果は倍増するという意見もあります。

薬と運動を併用していくのが良いかもしれませんね。

 

コメント

  1. […] 【発達障害】ADHD症状には運動が効果的??【運動療法】 […]

タイトルとURLをコピーしました