ADHD ASD DCD 学習障害 未分類 発達障害 自閉症 運動療法

【発達障害】ご家庭で出来る!粗大運動を伸ばす遊び 〜マット運動〜【運動療法】

投稿日:

ご家庭や公園等で出来るトレーニングをご紹介していきます。

今回はマット運動。療育の現場でもよく使われているものです。体幹筋の安定性向上など沢山の良い効果があり、身体を動かして楽しく取り組める遊びです。

 

マット運動

体操教室や体育の授業、保育所のリズム遊び等を想像してください。

身体を動かすという課題です。自分の身体をコントロールしながら沢山動かします。じっくり動いたり、速く動いたり、ピタッと止まったり、色んな身体の使い方を学びます。

室内で簡単に、マットで出来る運動をご紹介します。

 

マットの選び方

柔らかい素材で怪我しにくければ良いです。何なら布団の上でも構いません。私が子供の頃は布団の上ででんぐり返しを教えてもらいました。

しかし現代では欧米化により、畳の間や布団を敷くことが少なくなっています。ベッドが多いですよね。これによって床から立ち上がることが無くなり、足に適度な負荷をかけなくなったために、足の筋力低下を招くということもあります。ベッドの方が掃除しやすいので好きなのですが、デメリットもあるものです。

そんなご家庭におすすめなのはヨガマット。

一人分のスペースさえ確保出来れば色んな運動ができます。

 

お尻上げ

お尻上げは筋力だけでなく、臀筋とハムストリングスの協調的な動きを学ぶことができます。

仰向けになって膝を立てます。膝の角度は90°くらい。あまり曲げすぎないように。

①両足をつけたまま、お尻を持ち上げます。体幹と大腿骨が真っ直ぐになることを目指します。この状態で10秒間キープ。

筋肉での固定性が弱い子どもさんはグラグラしてきます。能力に合わせて、足首や膝を支えてあげてください。

②同じ姿勢から片方の足を上に持ちあげてお尻を上げます。グラグラはより強くなります。足首や膝を支えてあげてください。

③持ち上げる足を、支えている方の足と大腿の位置が揃うように上げます。②のように、上に持ち上げるよりも負担が大きいです。これでグラグラしなければ大したものです。

 

腹筋

膝を曲げて足を押さえてあげます。

手を持ってあげて少しサポートしながら腹筋をします。

10回1セットで、段階的に回数を増やしていきましょう。

 

ダイアゴナル

手と膝で支えて四つ這い位をとります。

片手を上げて支えます。身体のラインと揃えるように真っ直ぐ上げてください。一旦四つ這いに戻って次は反対の手を上げて支えます。今度は片足だけ上げる。次は反対の足。

4点支持が3点支持になると意外に不安定になるものです。

次は右手と左足を同時に上げます。これも身体のラインと揃えるように真っ直ぐ上げてください。2点支持になるので不安定になります。ここから姿勢を崩さず支えるためには、全身の筋肉をバランスよく発揮させて協調的な動きをする必要があります。

背部や下肢の筋肉、腹部の筋肉との協調的な動きを学びつつ筋力トレーニングをします。

 

四つ這い移動(ハイハイ)

両手をついて、下肢は膝でも足でも構いません、四つ這い姿勢をとり移動します。

やってみると意外に難しいものです。両手両足で協調的な動きをトレーニングします。

マットでは狭いので、柔らかい床の上をハイハイしましょう。理想は畳の上です。

 

まとめ

家庭で簡単に取り組めるものです。

寝る前に10分でも構いません。

体幹筋を鍛えて、安定性のある姿勢を目指しましょう。

親御さんも一緒に取り組んでみてください。楽しんで出来ることを共有することは大切なことです。

 

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

-ADHD, ASD, DCD, 学習障害, 未分類, 発達障害, 自閉症, 運動療法
-, , , , , , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【発達障害】えんぴつの持ち方、書き方のトレーニング【運動療法】

子どもさんに関わっていてよく質問されることの1つに、『鉛筆が上手く使えなくて困っています』ということがあります。4歳、5歳の子どもさんが多いです。 『周りの子が上手に使えているのに』という思いもあれば …

【発達障害】発達障害児の運動療法の実際 よくある特徴のお話 ③ 膝関節の問題【運動療法】

  私は発達障害の療育に関わっています。療育では運動療法を担当しています。 これまで取り組みを続けてきた中、発達障害を持つお子さんに共通して見えてきた特徴や特性をご紹介していきます。 前回、 …

【発達障害】手の使い方とトレーニング【運動療法】

これまでに粗大運動の発達段階と巧緻運動の発達段階についてご紹介しました。 【発達障害】粗大運動の発達過程【運動療法】   【発達障害】巧緻運動の発達過程について【運動療法】 粗大運動は身体の …

【発達障害】ご家庭で出来る!粗大運動を伸ばす遊び 〜サッカーボール〜【運動療法】

ご家庭や公園等で出来るトレーニングをご紹介していきます。 今回はサッカーボールを使います。バランスボールよりも小さく、ビーチボールよりも硬くて重たい。 ボールを転がせば室内でも簡単に出来ますし、もちろ …

【発達障害】発達性協調運動障害のお話 ( Developmental Coordination Disorder = DCD )【運動療法】

  発達障害を持つお子さんに併発?併存?しがちな症状。 発達性運動協調障害 Developmental Coordination Disorder = DCD といいます。 ひとことで表すと …