カメラ 登山

【カメラ登山】大和葛城山 奈良県 【山と写真】

投稿日:

しばらく前から登山にチャレンジしています。今回の記事は過去の登山ですが少しご紹介。

私にとっては人生で2度目の登山。1度目は小学生の頃なので、ほとんど記憶にありません。それでも覚えていることはありまして…、山の雰囲気や岩場の険しさ、休憩の時に飲んだジュース、お弁当などなど。嫌な思い出ではないので、こどもの頃の私には良い体験になったのでしょう。

奈良県の大和葛城山に、息子と一緒にチャレンジしてきました。

登山の写真は一眼レフで撮影しています。

 

大和葛城山

標高 959m

近畿では馴染みのある、初心者にオススメの山。ツツジの季節が大人気です。

 

駐車場

ロープウェイ乗り場から少し下ったところにあります。

1日1000円?管理されている方に手渡しです。

登山口まで徒歩5分ほど。

 

櫛羅の滝コース

約3kmの整備された道。初心者向けです。

途中に滝があります。

北尾根コースは少し距離が長い中級者向け。

もちろん初心者の私と子どもは櫛羅の滝コースへ。

階段が多く、山に慣れていない私は足にきました。重たい荷物にスニーカーだったのも一因でしょうか。

登りは重たい荷物と坂道に脚を削られました。慣れた方なら余裕なのでしょうね。

何度も休憩しながらやっとこ山頂付近へ。ロープウェイから山頂までの道は舗装されています。

木漏れ日が良い感じ。

山頂へ。

すすきがキレイです。

青空と緑が良いです。

 

お昼を食べて休憩して、下山します。

この時点で脚は結構疲労していました。しかし山チャレンジ!ここまで来たら歩いて降りたい。ロープウェイに甘えない。子どもも文句を言わず、しっかりついてきてました。

下りでは膝に負担がかかります。登りよりも大腿四頭筋が辛いです。筋力発揮出来ないので踏ん張るために自然と膝を伸ばしきった状態でロッキングしてしまいます。その分、足部や臀部にかかる負担がすごい。

登りよりも休憩をたくさんとりながら、なんとか降りることが出来ました。

かなり疲れましたが、相応の充実感も感じます。今も充実感を覚えているほど。もちろん、また登ってみたい気持ちもあります。

辛いことを乗り越えた先には、達成感があります。それが楽しみで登りたくなるのでしょう。子どもにも達成感を感じてもらえていることを期待しておきます。

 

最後に

今回気付いた点。

リュックも含めて荷物は軽い方が良い。

3脚は持っていかずに我慢する。

靴はしっかりしたものを選ぶ。

杖があると良い。

次回は気をつけたいところ。

次は ツツジの季節に登ってみたいです。

 

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

-カメラ, 登山
-, , , , , , , , , , , , , ,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【一眼レフ】カメラの旅 長野県木曽郡 開田高原【写真たっぷり】

一眼レフを購入して初めてのカメラ旅。 前回記事はこちら。 【一眼レフ】カメラの旅 長野県木曽郡 阿寺渓谷【写真たっぷり】 私が使っている一眼レフはキャノン EOS8000D   カメラの紹介 …

【一眼レフ】HDR 〜ハイダイナミックレンジ〜 画像の加工にチャレンジ Photomatix Proの使い方も【画像加工】

一眼レフを購入してから初めてのカメラ旅として、長野県木曽郡に行ってきました。 私の使っている一眼レフはキャノン EOS 8000D   初心者が選ぶ一眼レフ CANON EOS 8000D …

一眼レフのメリット・デメリット。ミラーレス・コンデジとの比較。

Contents1 一眼レフのメリット・デメリット1.1 一眼レフのメリット1.2 一眼レフのデメリット1.3 ミラーレス一眼のメリット1.4 ミラーレス一眼のデメリット1.5 コンデジのメリット1. …

キャノンとニコンの違い

初めてのカメラを探しているほとんどの方が大手メーカーのキャノンかニコンで選ぶのではないでしょうか。 今回はソニーやオリンパスなど、他メーカーはまとめていません。   ということで二つのメーカ …

初心者が選ぶ一眼レフ CANON EOS 8000D オススメのポイント

一眼レフ購入の経緯 デジタル一眼レフカメラ。 一眼レフ、デジイチとも呼ばれるそう。 昔はデジカメなんて無かったですよね。インスタントカメラをホームセンターで買って、釣りやお出かけに持ち歩いていました。 …