ADHD ASD DCD 学習障害 発達障害 自閉症 運動療法

【発達障害】ADHD症状には運動が効果的??【運動療法】

投稿日:

ネットサーフィンで気になる記事を見つけました。2014年の記事です。以下に引用します。

 

スミス博士は「今回の研究は、ADHDの症状を抱える子どもにとって、座学よりも体を動かす方がはるかに症状の改善に効果的であること示しています」と述べています。

http://gigazine.net/news/20140930-exercise-cure-adhd/

 

ハーバード大学のジョン・レイティ准教授は、ほんの軽い運動であってもADHDの症状を改善する効果がある原因について、「運動によって気分が高揚し認知能力が高まるのは脳内にテストステロンやドーパミンが放出されるからで、これは(ADHDの治療薬として投与されている)アデロールのような興奮剤と同様のメカニズムだと考えられます」と述べています。

http://gigazine.net/news/20140930-exercise-cure-adhd/

 

これまで薬物投与が常識と考えられてきたADHDの治療法として、適度な「運動」が「最良の薬」となるのか、今後のさらなる研究に期待したいところです。

http://gigazine.net/news/20140930-exercise-cure-adhd/

 

やっぱり運動には効果がある

テストステロンやドーパミンなどホルモンの関係があり、運動による効果が期待されます。

テストステロンは男性ホルモンで、テストステロンが少ないことで起こるLOH症候群(男性更年期障害)とADHDの症状が似ていることが言われています。テストステロンの分泌が増えるとドーパミンの分泌も増えるという報告があります。テストステロンは運動や筋トレ等で分泌されます。

ドーパミンは3大神経伝達物質の1つ。前頭葉の働きを高めてくれます。

アデロールとは米国等で使われるADHDの薬。覚せい剤と似た成分で、日本では許可されていない薬です。日本で所持していると逮捕されます。

興奮剤には神経伝達物質を増やしバランスをとる効果があります。注意力を高めたり、衝動性を抑制したり、ADHDに対しての効果があります。ナルコレプシーの発作を抑えることにも使われるそうです。

服薬には沢山の良い効果があります。しかし副作用がありますから、気軽に使えるものではありません。

 

まとめ

ADHDに限らず、ADHD様の症状に対しても効果が期待されます。

運動することによって服薬と同じ効果があるならば、運動するしかありませんよね?

薬物療法と運動療法を組み合わせると効果は倍増するという意見もあります。

薬と運動を併用していくのが良いかもしれませんね。

 

ブログランキングに参加しています!応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 子育てブログ 発達障がい児育児へ
にほんブログ村

-ADHD, ASD, DCD, 学習障害, 発達障害, 自閉症, 運動療法

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事

【発達障害】 ADHD「注意欠陥多動性障害」とは【運動療法】

  主に子供のADHDについて解説していきます。 注意欠陥多動性障害と呼ばれていましたが、現在は注意欠如多動性障害に変わっています。   Contents1 ADHDとはどんな障害 …

【発達障害】ご家庭で出来る!粗大運動を伸ばす遊び 〜バランスボール〜【運動療法】

ご家庭や公園等で出来るトレーニングをご紹介していきます。 今回はバランスボール。療育の現場でもよく使われているものです。オフィスでも一時期流行っていましたね。コロコロ動くボールに座ると、アップライトな …

小児の書籍紹介

現在までに読んできた書籍の紹介をします。 選りすぐりの素晴らしい書籍です。自信をもってご紹介します。 ぜひ読んでみてください。 すべてAmazonで購入できます。クリックでアマゾンのサイトに飛びます。 …

【発達障害】ご家庭で出来る!粗大運動を伸ばす遊び 〜サッカーボール〜【運動療法】

ご家庭や公園等で出来るトレーニングをご紹介していきます。 今回はサッカーボールを使います。バランスボールよりも小さく、ビーチボールよりも硬くて重たい。 ボールを転がせば室内でも簡単に出来ますし、もちろ …

【発達障害】発達障害児の運動療法の実際 よくある特徴のお話 ④ 股関節の問題【運動療法】

私は発達障害の療育に関わっています。療育では運動療法を担当しています。 これまで取り組みを続けてきた中、発達障害を持つお子さんに共通して見えてきた特徴や特性をご紹介していきます。 前回は膝関節の話。 …